㈱山陽の本ヌメ革|おすすめのタンナー

材料

こちらでは私が使用している、”㈱山陽の本ヌメ革”についてご紹介しております。

㈱山陽とは

1911年創業の兵庫県姫路市にある歴史あるタンナーです。

日本を代表する姫路のタンナー | 株式会社山陽 | Sanyo Leather
姫路を拠点に100年以上の歴史を誇るSanyo(さんよう)は、日本トップクラスの高品質レザー(革)をつくるタンナーです。皮革業界をリードしてきた技術や想い、国内最大級の生産体制、取り組みなどをご紹介します。

”植物タンニン鞣し”をはじめ、”クロム鞣し”や国内では山陽が唯一製造している”白鞣し”と呼ばれる古い歴史を持つ日本独特の革の製造も手掛けています。

近年では2017年に、アジア最大級の国際皮革見本市である「APLF」で”SANYO SHRINKレザー”が「Best of APLF Awards 2017」を受賞するなど、世界的に高い評価を受ける革を製造しています。

山陽の植物タンニン鞣し

植物タンニン鞣しとは”植物由来のタンニン”によって鞣された革で、耐久性や型崩れのし難さが特長。
※私が使用している山陽の革はすべてこれです。

山陽では2006年に”ピット槽によるタンニン鞣し革”の本格的な生産を開始。

ピット槽とは革を鞣す時に溶液へ漬け込むためのプールのようなものです。

ピット槽鞣しでは槽の中にブラジル産ミモザを用い、その中に革を1か月漬け込むことでじっくり時間をかけて革をなめしていきます。

手間がかかる手法ですが、しっかりとした厚みがあり、伸びの少ない硬い革に鞣すことができます。

本当に繊維が密になっており、堅くてコシがあるのが実感できます。

手帳カバーや財布を実際に自分用に作って使用しているのですが、1年経っても全く伸びたりヘタったりする様子がありません…

エイジングを楽しむために永く使う革としておすすめです。

100 BASIC

山陽では”100BASIC”という、100種類の異なった仕上げ方法による革をサンプル化する取り組みもしています。

100BASIC | 山陽の取り組み | 株式会社山陽 | Sanyo Leather
加工方法や仕上げなどが異なる、100種類のヌメ革に触れてご覧いただける革の見本帳「100BASIC BOOK」をつくりました。ヌメ革の可能性、バリエーションの一部を垣間見ることができます。また製品づくりの参考にもお使いいただけます。

これを見て、仕上げ方でこんなにも革の表情が変わるのか…と衝撃を受けたのを覚えています。

ちなみに、私が使用しているのは下記2種。

A-6:銀付きスムース/ヘビーオイルプルアップ
A-10:銀付きスムース/ホワイトWAXブライドル

※一部、A-4仕上げの物をグレージング加工したブラウン革も使用しています。

【番外】絹革(KINU-KAWA)

本ヌメ革とは関係ないですが、山陽では”絹革”という革も製造しています。

名前の通り絹のような真っ白な革です。

写真でしか見たことないので触感はわからないのですが、なんだかふわふわしてそうな印象の革です。

KINUKAWA | 山陽の取り組み | 株式会社山陽 | Sanyo Leather
カーフに特別なクロム鞣しを施し、絹のように柔らかくしなやかに包むことがきでる革「KINUKAWA」を開発しました。靴や小物、ファッションアイテムなど、さまざまな製品への可能性を秘めています。

風呂敷のように包めるのは革新的過ぎです。

山陽の本ヌメ革を実際に使った感想

私が販売している物は2022年3月1日時点でネイビー色以外は全て山陽の本ヌメ革を使用しています。

革KAGI 革製品専門店・レディス・メンズ革小物通販限定 powered by BASE
鹿児島にて革製品の製作・販売を行っている革製品専門店。メンズ革小物を中心に通販限定での販売をしております。量産品では難しい細部の処理まで拘り、一つ一つ丁寧にハンドメイドで作製しております。

実際に使ってみての感想は、革の堅牢さから生まれる丈夫さもそうですが、”コバ(革の端)がとにかくキレイに磨ける”です。

私は基本的にコバの処理は着色をしません。

着色をしないことで塗料の剥がれによる目に見える劣化を抑え、エイジングをしっかり楽しんで頂きたいためです。

細部にまでこだわれる質の高さが山陽レザーの特徴かなと思います。

まとめ

今回は㈱山陽と製造されている革についてご紹介しました。

最近、商品をご購入頂いたお客様から「山陽レザーは初めて知ったが質感がすごくいい」、「姫路産のレザーはクロム鞣しの物が多いイメージがあった」などの声を頂くことが多く、少しでも山陽レザーについて知って頂ければと思い記事にしてみました。

是非、山陽レザー使ってみてください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました