革の裁断|レザークラフト工具

革道具

今回は私が革を裁断する際に使用する道具たちをメインにご紹介していきます。

【注意点】実際に使用している道具の写真を使っているのでところどころ汚れています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

カッター

革や厚紙を裁断したり削るための刃物。

私は型紙作成や半裁の革から必要部分をざっくりと切り出す際に使用します。
※9割方、型紙作成に使用しています。

革の切断には刃が厚く、握った時の安定感が良いものがベスト。

実際に使用しているカッターです。

この製品のポイントは先端の背部分に窪みがあり、切る際に人差し指がしっかりフィットするので裁断部分がズレることが少ないように感じます。

革包丁

革の裁断専用の刃物。

人によっては、カッターで十分、特別必要ではない、と言われるもの。

切れ味を保つためには時々研ぎ石で研ぐ必要があることがデメリット。

しかし基本的に青棒を使った簡易的な仕上げ研ぎで切れ味は維持することが可能です。

私はコバ磨きの際に仕上がりが変わってきそうな気がするので革包丁を使ってます。
※気のせいかもしれません

一番のメリットかな、と思うのは型紙から革へ跡付けした後に直線部分のカッティングをする時です。

慣れてしまえば定規を使わずに、奇麗に革断ちをすることができます。

別たち

革包丁は高価なものが多いので別たちで代用することもできます。

切れ味が悪くなったとき刃を研がずに別売りの替え刃に交換して使用することができるのがメリット。

私もレザークラフトを始めてたてのころは使用していました。

私が別たちから革包丁へ変えた理由は漉きがうまくできなかったからです。

切れ味がものをいう漉き作業は自分のさじ加減でかなり鋭利に仕上げることのできる革包丁に軍配が上がるかもしれません。

革きりばさみ

革専用の裁ちばさみ。

紙用のはさみに比べて刃が剛健で、紙を切る要領で革を切ることができます。

…と言われますが紙用ハサミでも2mm程度の革ならば断つことが可能です。

私は基本的にカッターや革包丁を使用しているのでハサミはほとんど使っていません。
(革きりばさみは持っていません)

ハサミを利用するタイミングは半裁から必要な部分をざっくりと切り出す時ぐらいでしょうか…

デザインナイフ

最初に紹介したカッターよりも細い刃物です。

細かい細工を施す際に使用します。

私の場合は繊細な曲線を描くデザイン部分のカッティングに使用していますが、めちゃくちゃ便利で奇麗に仕上げることができます。

デメリットとしては皮の裁断時に力が加わりやすく、先の金属部分が折れやすいこと。

以前、カッティング中に1本折ってしまいました…。

半年も使ってなかったと思います。

コーナー抜き具

「カッティング用品」というよりは「抜き具」に分類されるかもしれませんが…

カッターや革包丁でコーナーをカッティングするよりも奇麗に仕上げることができるのでピックアップしました。

型紙作成時に厚紙も切り抜くことができるため、色々な場面で重宝します。

私はR1.0とR2.0の2種類をいつも手元に置いています。

コーナー抜きでカットすると何枚も革を重ねてコバ処理をする際に大体同じ形で重なるため、カンナでの削りからヤスリかけまでスムーズに、そして奇麗にできることが多いように感じます。

まとめ

今回は私が普段使用している断ち具を中心にご紹介させて頂きました。

人によっては今回ご紹介したものを使わなかったり、逆にこちらに記載していないような道具を使用されたりする場合もあります。

別たちの部分にも記載しましたが、自分に合っていないなと思った場合は他の断ち具を使ってみてください。

新しい発見があるかもしれませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました