これからレザークラフトを始める方へのおすすめ書籍

基本テクニック

レザークラフトを始めたいけど何から手を付けていいかわからない…と
私も始めたての頃はレザー教室に通って習わないといけないの?弟子入りしたらスキルが身につくのか?と思っていました。

今回は私自身が独学で、かつ会社勤めをしながら、半年程でハンドメイド作品として販売することのできるクオリティの作品が作製できるようになった方法を参考書籍にスポットを当ててご紹介していきます。

しかしご紹介と言っても私が買った参考書籍は1冊だけです。
その他の知識の補完はYouTubeを中心に発信をされている諸先輩方の情報にお世話になりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

完全初心者だった私が唯一買った本

2020年11月に下記書籍を購入し、書いてある情報を参考に必要な道具を揃えました。

革の基礎知識から必要な道具、作品例とその型紙が揃った1冊です。

こちらの書籍で私が最も参考にしたポイントは以下の3つ。

  • 革道具の基本
  • レザークラフトの基本テクニック
  • キーケースの作り方

それぞれのポイントを私の経験を元に記載していきます。

革道具の基本

革の裁断に使う道具から金具まで、レザークラフトに必要な道具が一通り載っています。

作りたいものによっては必要ないものも多数あるため、最低限必要なものを選んで購入しました。

その選定に一番参考にした一文はこちら

最低限必要な道具は、「革包丁」「ネジ捻」「菱目打ち」「ゴム板」「木槌」「縫い針」「糸」「ロウ」「接着剤」でしょうか。

「レザークラフトの便利帳」 竹内 健 監修 宮坂 敦子 著 誠文堂新光社

上記カテゴリーの道具を書籍で紹介されていたメーカーのものから選んで購入したのですが、後々使わなくなったり、買い換えたものもありました。

特に「木槌」は打音が大きく、マンションの一室で作業している私には向かず「ラウンドモール」に買い替え、今は「ハンドプレス機」を使用しています。

しかし最低限これだけの道具があれば、いろいろ作製できます。

こちらのブックカバーのような作品でしたら問題なく作成可能です。

レザークラフトの基本テクニック

始めたての頃は菱目の打ち方さえわかりませんでしたが、一通りの作業方法が写真付きで紹介されているのでとても分かりやすかったです。

実際にやってみて道具の動かし方がわからない部分はYouTube等の動画媒体で知識の補完を行いました。

特に糸の縫い方はYouTube等の動画で見た方が分かりやすいです。
8:00~手縫い部分の工程です。

Little King Goods(https://www.youtube.com/channel/UCKSql-GFCO400w7xNFbYeug)

キーケースの作り方

書籍に付いていた型紙を使って初めて作成したのがキーケースでした。

選んだ理由は一番簡単そうだったため…。

ですがやはり全くの初心者が初めからは上手くいかないものだなと、当時の写真を見返して改めて思いました。

2020年11月作製 キーケース キャメル 使用した革は近くのホームセンターに売っていた1ds300円程の革。

レザークラフトを始めて5か月後の時点では色々改良し、

2021年4月作製 キーケース ブラウン 株式会社山陽の本ヌメ革使用

この形に落ち着きました。

使用している革は山陽の本ヌメ革です。

日本を代表する姫路のタンナー | 株式会社山陽 | Sanyo Leather
姫路を拠点に100年以上の歴史を誇るSanyo(さんよう)は、日本トップクラスの高品質レザー(革)をつくるタンナーです。皮革業界をリードしてきた技術や想い、国内最大級の生産体制、取り組みなどをご紹介します。

書籍の物とは違いますが、キーケースを作る際の基本は同じですので書籍の手順をマスターしたら簡単だと思います。
※ここでも部分部分の知識補完はやはりYouTubeでした。笑

まとめ

今回ご紹介した書籍は多数出版されているレザークラフト参考書の内の1冊ですが、始める際に買ってよかったなと、現在改めて思えたのでご紹介させて頂きました。

手軽に始められて作品を作るたびにどんどん上達していく楽しみを味わえるのがレザークラフトかなとおもいます。

是非、一緒に革の世界を楽しみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました