両面カシメ(本金)メーカー比較 |レザークラフト素材

材料

カシメを選ぶ際、メーカー、種類、打ち具…と、どれを購入すればよいか迷うことがあると思います。私自身、購入してからサイズやメーカー、対応打ち具選びの失敗に気付くこともあり、自分の覚書きとしても使用したいな、と思って情報をまとめてみました!

こちらの記事は両面カシメの色は本金に絞ってまとめております。
ゴールド色カシメと比べて価格がかなり高いですが、本物の金をメッキとして使用している為、褪色し難いのが特徴です。
他の色味に関してはページを分けて整理しております。

※以下、商品データはレザークラフト材料専門店ぱれっと様から引用しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラフト社

カシメの大きさは小 (φ6) ・中 (φ9) ・大 (φ12)の3種類。

こちらのレザートレーはクラフト社の両面カシメ 【 並足 φ9mm×足の長さ7mm 】を 使用して作成しています。

協進エル

カシメの大きさはミニ(φ3.5)小 (φ6) ・中 (φ9) ・大 (φ12) の3種類。
本金も別に用意あり。

SEIWA

カシメの大きさは 極小(φ4.6)・大(φ9) の2種類。

台座

在庫無し(他社品で代用可能?)

まとめ

今回はクラフト社、協進エル、SEIWAの3社のカシメをまとめてみました。
他にもインポートの物もあり、安価に購入することができますが、打ち留めの安定性の面から上記3社のカシメを使用することが無難ではないかなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました