両面カシメ(ニッケル)メーカー比較|レザークラフト素材

材料

カシメを選ぶ際、メーカー、種類、打ち具…と、どれを購入すればよいか迷うことがあると思います。私自身、購入してからサイズやメーカー、対応打ち具選びの失敗に気付くこともあり、自分の覚書きとしても使用したいな、と思って情報をまとめてみました!

両面カシメの色はニッケル色に絞ってまとめております。
他の色に関しては今後、ページを分けて整理していきます!

※以下、商品データはレザークラフト材料専門店ぱれっと様から引用しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クラフト社

カシメの大きさは小 (φ6) ・中 (φ9) ・大 (φ12)の3種類。

万能打ち台(クラフト社)

対応している金具の直径
6 mm、10 mm、12 mm、13 mm、15 mm

・中

こちらのレザートレーはクラフト社の両面カシメ 【 並足 φ9mm×足の長さ7mm 】を 使用して作成しています。

協進エル

カシメの大きさはミニ(φ3.5)・小 (φ6) ・中 (φ9) ・大 (φ12) の4種類。

万能打ち台

SEIWA

カシメの大きさは極小(φ4.6)・小(φ6)・大(φ9)・特大(φ12.5)の4種類。

極小サイズが専用でありますが、特大サイズ(他社では”大”に相当)が若干他社品よりも大きいため、他社の打ち台・打ち棒を使用すると上手く取り付けられないのかな…と思い、あまり使ったことはありません。

・台座

まとめ

今回はクラフト社、協進エル、SEIWAの3社のカシメをまとめてみました。
他にもインポートの物もあり、安価に購入することができますが、打ち留めの安定性の面から上記3社のカシメを使用することが無難ではないかなと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました